レバレッジのリスク

ここまでで、海外と日本ではレバレッジ倍率がすごく違うことがお分かりになったと思います。
 
では、レバレッジのリスクについてどうでしょうか?
ハイレバレッジはハイリスクだから注意した方がいいということを耳にしますが、レバ倍率が上がれば上がるほどリスクは高まるのでしょうか?
 
答えは、レバレッジの倍率はリスクとは無関係です!
 
私も、このレバレッジとリスクについて悩むことがあったのですが、悩みを解消してくれたのがこのサイトです、このサイト(リンク)の解説を読んでレバレッジの倍率とリスクが無関係であることを確信しました、詳細を読んでみてください。
 
簡単に言えばこういうことです。
レバレッジの倍率とは、損益の振れ幅の大きさではなく、 1単位の取引に必要な証拠金額の大きさに過ぎないので、レバレッジの倍率と損益の大きさとは関係ないのです。
 
リンクサイトの記事を読んでみましたか?読まれれば、レバレッジがリスクを直接高めるものではないことがお分かりになるはずです。さらに、レバレッジの倍率が高かろうが低かろうがリスクとは関係なく、レバレッジ取引では資金管理の仕方さえ間違えなければ損失を回避できることもこのサイトで理解できます。
 
もし一回で理解いただけないなら、もう一度このサイトで読み返してください、必ず「あっ、そういうことなのか」と納得するはずです。
 
海外 FX口座を開設したいなら、このサイトで開設するといいでしょう。

レバレッジ取引

海外FX口座の特徴としてハイレバレッジであっても、ゼロカット、信託保全など安心してトレードができるシステムが整っていることをさらり説明した。
そこで、今回はトレーダーにとって大きなメリットとなっていることについて、特に日本のFX口座と比較しながらもう少し説明してみようと思う。
 
で、今回はレバレッジ取引について話します。
 
レバレッジ取引は FX取引の大きな魅力の一つです。その理由は、「少ない資金で大きな取引ができる、つまり、資金効率を上げながら儲けを追及できるから」です。
 
日本では金融庁が、レバレッジを 25倍までに規制しています。
しかし、レバレッジ規制は日本国内だけであり、海外業者にこの規制は当てはまりません。
 
例えば、レバレッジ 1,000倍なら、ドル円115円の 1万通貨を1,150 円程度で取引することができますが、日本の FX業者の最大25 倍では 46,000円が必要となります。
仮に 1万円あれば、約87,000通貨取引することができるため「少額資金で資金効率の高い取引ができる」と言えるのです。
 
海外業者のレバレッジは、最大 1000倍という会社もあります、例えば XMというFX 会社ですが、その他の海外 FX業者も500 倍くらいが標準なので、日本業者の最高レベルであった 400倍なんかは普通の水準となっています、海外 FX会社のレバレッジは素晴らしいの一言につきます。

FXに株にはない様々な優遇がある

FXの取引には売りの時も利益が出せることだけではなく、様々な特徴があります。

例えば、有名なのが、【レバレッジ】。

自分の投資金額の数倍の金額を購入し、取引することが出来ます。

例えば1万円の投資金額で、500万円分ドルを買い、価格が変動したら売るということが出来ます。

通常であれば1円動いた際にでる損益は±1万円ですが、

レバレッジをきかせれば、±500万円になります。

-500万など借金になってしまうと思いますが、ココにもFXの特徴的なシステム、強制ロスカットがあります。

損益が1万円になる前に、強制的に決済することにより、トレーダーに借金が追わないようにするシステムです。

この2つのシステムによってFXは少ない元手で大きく取引することが可能です。

また、FX業者の中にはトレーダーの投資資金を他会社に管理を委託し、もしその業者が倒産した場合も、トレーダーの資金を確保する信託保全というシステムも有ります。

万が一倒産した時にトレーダーの投資資金が全て0になることはありません。

 

そういったシステムや仕組みから、FXの取引をオススメしており、下記のような比較サイトから口座を開設してみるといいでしょう。

FXの口座開設はコチラの比較サイトから!

FXは売りのときも利益が出る

株式の取引の場合は買いのみですが、

FXの場合は売りの時も利益が出せます。

そもそもFXでは通貨を両替して利益を出します。

円を米ドルに変えて、それをまた円に戻すのです。

円と米ドルの関係は常に変動しており、各国の信用を元に通貨の金額が変わっていきます。

今現在皆さんは円を持っているかと思いますが、それを米ドルに両替、米ドルを買います。

しかし、FXでは現在米ドルを持っていないくても、米ドルを売り、後で同じ量買うということが出来ます。

即ち現在円を持っている状態ではありますが、米ドルを持っていると仮定して、その米ドルを売り、(空売りといいます)

価格が変わった後で買い戻すことができます。

つまり、

価格が上る前にドルを買い、価格が上がりきったら売る。

価格が下るときはドルを売り、価格が下がりきったら買う。

ということが出来ます。

株の場合は下るときは様子見でしたが、FXの場合は下がるときにも利益を上げることができるので、

株の取引よりも2倍儲けるチャンスが有るということです。

株よりもFXをおすすめする理由

皆さんは株の取引がどうゆうものかご存知ですか?

例えばハンバーガーで有名な「マッ○」。

ああいった会社が株式を発行しており、それを持っている人たちがいます。

そして、株式を持っている人が、それを売ります。

その時に、買った時よりも高く売れれば利益となり、安く売った場合は損益となります。

なので、なるべく安く買って高く買うことが求められます。

株の価格変動は起業の信頼の変動とほぼ一致しており、例えば腐ったお肉などを使っていることが発覚すれば、

株式の価格は大幅に減少しますし、業績推移が上昇し、会社が大きくなっていけば、株式の価格、価値は上昇していきます。

また、そうやって取引をしていく人がいるので、そういった会社の動きとは関係なく、

買いの需要が増えれば価格は上がり、売りの需要が増えれば価格は下がります。

 

価格が上る前に株を買い、価格が上がりきったら売る。

価格が下るときは下がりきるまで待つ。

というのが株式の取引になります。

しかし、FXであればさらに稼げる可能性があったのです。